2010年05月27日

参院選敗北なら首相退陣=公明・みんなと連立も―渡部氏(時事通信)

 民主党の渡部恒三元衆院副議長は24日、千葉市で講演し、夏の参院選について「万が一負けたら、その場合は鳩山君も白紙になってもらって、首相を次は誰にするかという相談から始めなければならない」と述べ、同党敗北の場合は、鳩山由紀夫首相は退陣すべきだとの考えを示した。勝敗ラインには言及しなかった。
 渡部氏はまた、「われわれが過半数の議席を取れなかったら、公明党やみんなの党と連立して国民の期待に応えなければならない」と語り、与党過半数割れの場合は公明党とみんなの党との連立を検討する必要があるとの考えを強調した。 

「鳩山5月退陣」説 なぜかトーンダウン(J-CASTニュース)
鳩山首相「ぶら下がりより記者会見を活用したい」(産経新聞)
発電所トンネル、発破後の落石で作業員死亡(読売新聞)
<事業仕分け>厚労相、安全ミュージアムの「廃止」明言(毎日新聞)
<民主党>俳優・原田大二郎氏ら公認 参院選(毎日新聞)
posted by タバタ シロウ at 10:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。