2010年05月29日

<強盗強姦>裁判員裁判の1審判決、初の破棄 東京高裁(毎日新聞)

 強盗強姦(ごうかん)罪など四つの罪に問われ、静岡地裁沼津支部の裁判員裁判で懲役13年の実刑判決を受けた山梨県富士吉田市、無職、大谷祐介被告(24)に対する控訴審判決で、東京高裁は26日、1審判決を破棄し、懲役12年を言い渡した。中山隆夫裁判長は「1審判決の直後に被害女性の1人との間で示談が成立している」と減刑理由を述べた。裁判員裁判の判決が2審で破棄されるのは初めて。

 控訴審で弁護側は「1審の量刑が重過ぎる」と主張した。これに対し、中山裁判長は「言い渡し時点では相当で、重すぎて不当であるとは言えない」と指摘。さらに「1審判決後の示談成立を被告の有利な事情と取り扱うのは裁判員制度の趣旨にもとる」と述べた。その一方で、被告側と被害女性の交渉経過を踏まえ、「示談成立が原判決後になったことはやむを得ない」と判断した。

 1審判決によると、大谷被告は09年5月26日午後7時半ごろ、静岡県三島市内の女性宅に侵入。「騒いだら殺すぞ」などと脅して殴るなどし現金7000円を奪い、性的暴行を加えてけがをさせた。このほか強姦1件、強姦未遂2件を起こした。【和田武士】

【関連ニュース】
裁判員裁判:強姦致傷→強姦で起訴 被害女性の意向で回避
裁判員裁判:強盗米兵「行動力アピール」が動機 那覇地裁
性犯罪:市民団体が裁判員制度評価「プライバシー配慮を」
裁判員制度:「名付け親」松尾氏が講演
裁判員制度:裁判官も「良い経験」…東京高裁で意見交換会

“乱”参院民主 「逆風しのげぬ」不満爆発(産経新聞)
「極刑に」 大阪・梅田のひきずりひき逃げ事件公判で遺族陳述(産経新聞)
鹿も口蹄疫心配、でも対策が…頭抱える奈良公園(読売新聞)
「ぜいたくしたい」生活保護通院費120万不正受給(読売新聞)
原口総務相に是正申し入れ=ネットの児童ポルノ対策―国家公安委員長(時事通信)
posted by タバタ シロウ at 05:38| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あなたは玉の輿乗れるのか!?あなたの玉の輿度を今すぐチェック!玉の輿に乗るためのテクニックや秘訣をあなただけにこっそりアドバイス!ここに来れば玉の輿はもう目の前に!!
Posted by 玉の輿 at 2011年08月13日 18:06
面白い診断サイト発見!この診断は、あなたが金儲けに向いているかをチェックする診断サイトなんだってw簡単な質問に答えていくだけなんだけどこれが意外と当たるんだわw
Posted by 金儲け at 2011年08月31日 01:39
ニューハーフに興味がある人はここでチェック!あなたがニューハーフと付き合える可能性がどのくらいあるのかがわかります!自分では気づかなかった隠された性癖を探してみませんか?
Posted by ニューハーフ at 2011年09月05日 18:18
本気で恋人が欲しくありませんか?デコログで見つかる理想の恋人!あなたのタイプの恋人をデコログで見つけよう!女性に大人気のデコログをあなたも初めてみませんか?
Posted by デコログ at 2011年09月16日 18:01
主婦の方にぴったりの副業を初めてみませんか?在宅で出来るので時間にとらわれずにお仕事していただけます。真面目に取り組んで頂ける方からの募集をお待ちしております。
Posted by 主婦 副業 at 2011年09月22日 05:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。